南九州支部とのコラボレーション



モンゴル民族をお招きして一緒にすごすゲルを作ろうと計画はしたものの、建物図面だけでは困難なことがはっきりしました。そこでAsean-japan支部の協力で、部品の精密な図面や組み立て順序を紹介した写真などの提供協力を受けることになりました。他方、留学生支援をしているAsean-Japan支部は、鹿児島の大学への進学希望の留学生の支援で南九州支部の協力を受けることになりました。
[PR]
by asean_japan | 2004-12-16 10:00 | NEWS


<< 陳進先生のご紹介 ミャンマー便り1 >>